剪定・お庭の手入れ

剪定して下さいとのご要望も様々あります。例えば、出来るだけ短く強く剪定してくださいというのはよくあるご要望です。自分ではできない松の木だとか特別大きな木だけ剪定して欲しいというご要望もあります。隣や表に出ている枝のみ切ってくださいという場合もあります。また、四季折々の花やお庭を楽しめるような剪定・お庭の手入れをして欲しいというご要望もあります。
お庭サービスでは、色々なご要望にお応えすることができ、またお客様にとってよいご提案することが出来ます。全くどうしてよいか分からないという方でも、お好みやご予算を考えながら良いご提案ができればと思っています。
 剪定といっても色々な剪定があります。ランダムにご紹介します。

お庭の年間管理

生垣剪定

生垣剪定する場合に気に留めておくことは、その生垣の意味を理解することが必要です。生垣は目隠しや境界、お庭の修景などの意味があります。その意味をわかっていると生垣剪定の要領も変わってきます。
 最近、生垣剪定でよくあるご要望は、境界まであるいは境界の内側まできりもどして下さい。というご要望です。生垣は毎年管理していても外側に少しづつはみだしていって、いつの間にか何十センチ、あるいは1m近く境界からはみ出してしまうことも多いようです。お庭サービスでは、切り戻しの生垣剪定のご要望に応じるだけでなく、その後、その生垣がどうなっていくのか、他にいい考え方はないかなどの説明、提案をさせて頂きます。

刈込剪定

刈込剪定は、透かし剪定に対し両手バサミや、バリカンなどを使い球形や平面状に枝を切りそろえる剪定です。

刈込剪定 ツツジの刈込

透かし剪定

透かし剪定は剪定ばさみで、枝を1本ずつ切っていくことで自然風に木を小さくしたり伸びた枝を切ったりします。伝統的な造園技術です。

松の葉むしり

お盆ごろから可能な方法で松の葉を1芽づつむしっていく作業です。京都で主にされる伝統的な技術です。

また、春にローソクのような松の芽を摘む作業を松の「緑積み」あるいは「芽摘み」と言います。

松の葉むしり

クレーン剪定

おおきな木や作業が困難な場所の剪定でクレーンを用いて実施する剪定作業です。

クレーン伐採

大型剪定

おおきな木の剪定のことで、クレーンを使ったり、時にはロープで木に登ったりして実施する剪定です。

ロープを使った特殊伐採